環境検査

環境検査

はじめに

検査項目イメージ

建築物の内装に使用されている化学物質が引き起こすシックハウスやシックビル、様々な施設から発生するダイオキシンなど・・・。今、私達の健康を脅かしています。当社では適正な分析を行い、安心・安全をサポートいたします。

空気環境測定

検査項目イメージ

近年、壁紙の接着剤やペンキの溶剤など、身の周りで使用される化学物質が増えた為、シックハウスやシックビル、シックスクール等室内環境の汚染が問題となっています。室内環境測定は、『学校環境衛生の基準』や『建築物の衛生的環境の確保に関する法律』等によって基準が定められています。

土壌検査

検査項目イメージ

土壌汚染に関しては公害対策基本法により、土壌の汚染に関する環境基準が定められています。また、2003年2月には土壌汚染対策法が施行され、土壌汚染に対する規制はいっそう厳しくなりました。埋め立てに利用される土壌や工事によって生じた残土は、条例等により検査義務が課せられている場合があります。

産業廃棄物検査

検査項目イメージ

産業廃棄物は、排出事業者の責任において適正に処理することが義務付けられています。また、廃棄物の処理および清掃に関する法律により、種類や処分方法ごとに有害物質の検査項目や判定基準が定められており、判定基準を満たさない産業廃棄物は特別管理産業廃棄物として扱われます。当社では、埋め立て処理等に必要な分析を行い、分析結果報告書を発行いたします。

空気清浄度検査

検査項目イメージ

病院内感染を防止する為には、施設の空気洗浄度を確保することが重要です。
空気洗浄度の項目には、浮遊粒子数・浮遊細菌数・室間差圧・リークテスト・換気回数等があります。病院空気洗浄度は病院管理指針で定められており、測定結果は院内清浄度保全及び病院評価資料に有効利用されます。

衛生管理

検査項目イメージ

食品を扱う方の健康管理と職場の衛生管理は、職員の衛生意識の向上が大切です。拭き取り検査やスタンプ検査など職場の衛生管理を心掛け、定期的な健康診断と二次汚染防止の為の衛生環境診断は、企業防衛の第一歩です。

おすすめセット
  • 空気環境測定セット
    照度、まぶしさ、浮遊粉じん、ホルムアルデヒド、揮発性有機化合物・・・など
  • 土壌環境項目26項目セット
    銅、ホウ素、フッ素、鉛、ヒ素、セレン・・・など
  • 産廃23項目セット
    カドミウムまたはその化合物、六価クロムまたはその化合物、水銀またはその化合物・・・など
  • 衛生管理拭き取りセット
    一般生菌数・大腸菌群・黄色ブドウ球菌・サルモネラ・・・など
取引先

工場、幼稚園、特定事業所、給食センター、土建業者

このページのトップへ
検体の採取

専用の容器で材料を採取していただきます。
(当社職員による採取は別途費用が発生致します。)

検体の搬送

郵送(クール便)にて受付けております。郵送時の温度には十分注意をしてください。(当社職員による採取は別途費用が発生致します。)

受付

検査依頼内容と検体を確認後検査を開始します。

測定

前処理後、検査を行います。

検査結果報告

検査結果を報告書として発行致します。

【連絡先・お問い合わせ窓口】

株式会社 保健科学 東日本 環境検査課
〒365-8585 埼玉県鴻巣市天神3-673
TEL 048-543-4000 (受付時間:月〜土9:00〜17:30)
※日曜日、祝祭日、年末年始はお休みをさせて頂きます。
メールフォームメールはこちらから

健診関係・環境検査

健診関係

環境検査