環境検査

食品衛生検査

はじめに

検査項目イメージ

WHOでは、「食品衛生とは、食品の安全性、健康性、新鮮性を確保するため、食品の製造過程から最終的消費まで欠かせない手段すべてをいう」と定義しています。現在、飲食物危害防止の手段としてHACCP等が導入され食品の自主管理体制がますます重要となっています。
当社では、臨床検査技術を食品衛生検査に応用し、より安全な食品供給のお役に立ちたいと考えております。

食品微生物検査

検査項目イメージ

食材・調理品・加工品の微生物検査を実施することで食中毒菌の有無だけでなく、その食品の微生物の汚染度や腐敗状況、食中毒が起こる危険性なども同時に知ることができます。

栄養成分検査

検査項目イメージ

平成15年5月に施行された健康増進法において栄養表示をするための基準が定められています。栄養成分を表示する場合、商品への表示義務を有する各種栄養成分、熱量等の検査を行います。これらの基準を守り、消費者に適正な情報を提供することが重要です。

残留農薬検査

検査項目イメージ

平成18年5月よりポジティブリスト制度が施行され、食品衛生法により残留農薬基準が設定されていない農薬についても、食品中から一定量以上検出されてはならないという一律基準(0.01ppm)が設けられました。当社ではポジティブリスト制度に対応すべく、残留農薬多成分一斉分析を受託しております。農薬の適正使用やドリフトの確認、輸入食品の自主検査、原材料の品質管理などにご活用ください。

肉種判別検査

検査項目イメージ

食肉製品の原料肉の表示は、JAS法ならびに食品衛生法で規定されています。消費者に正確な情報を提供する為に、定期的な検査が必要です。当社では迅速DNA検査キットを採用し翌日報告を可能にしました。

おすすめセット
  • 食品A・B・Cセット
    一般生菌数・大腸菌群・黄色ブドウ球菌・サルモネラ・・・など
  • 栄養成分7項目セット
    たんぱく質・脂質・炭水化物・エネルギー・・・など
  • 食品残留農薬セット
    野菜200項目、果物200項目、米200項目、穀類200項目・・・など
  • 肉種判別検査
    牛・豚セット、鶏・兎セット、馬・羊セット・・・など
取引先

大手スーパー、飲食店、食品加工会社、農協

このページのトップへ
検体の採取

専用の容器で材料を採取していただきます。

検体の搬送

郵送(クール便)にて受付けております。郵送時の温度には十分注意をしてください。

受付

検査依頼内容と検体を確認後検査を開始します。

測定

検査員により培養、判定を行います。

検査結果報告

検査結果を報告書として発行致します。

【連絡先・お問い合わせ窓口】

株式会社 保健科学 東日本 環境検査課
〒365-8585 埼玉県鴻巣市天神3-673
TEL 048-543-4000 (受付時間:月〜土9:00〜17:30)
※日曜日、祝祭日、年末年始はお休みをさせて頂きます。
メールフォームメールはこちらから

健診関係・環境検査

健診関係

環境検査