環境検査

水質検査

はじめに

検査項目イメージ

当社は水道法第20条第3項により厚生労働大臣の登録を受けた水質検査機関として、公定法による水質検査を行っています。また、埼玉県知事より建築物飲料水水質検査業および計量証明事業としての登録を受け、ニーズに合わせた幅広い検査を実施しています。

排水検査

検査項目イメージ

工場や事業場から公共用水域に排出される排水は国が定める水質汚濁防止法によって排水基準が定められており、下水道に排出される排水は下水道法によって排除基準が定められています。また、各都道府県によって国で定められた基準よりさらに厳しい上乗せ排水基準が定められ、排水基準違反に対しては厳しい罰則も設けられています。

冷却水検査

検査項目イメージ

日本国内のほとんどのビルには空調用冷却塔が設置されています。冷却塔水は、温度や有機物量などからレジオネラの増殖に非常に適しており、日本国内でも冷却塔水が原因となったレジオネラ症の集団感染が発生しています。
また、冷凍空調機器の寿命延長、効率保持または低下防止の為に日本冷凍空調工業会標準規格が定めた水質基準があります。

岩盤浴検査

岩盤浴は高温多湿で密閉されているため細菌・カビが繁殖しやすい環境にあります。お客様に安心して岩盤浴を利用していただくためには、衛生管理(清掃、消毒)をしっかり行わなければなりません。そのためには、定期的な検査を実施し、お客様の目に見える形で告知していくことが重要です。

プール・浴槽水

検査項目イメージ

公衆浴場や旅館業、介護施設やスポーツ施設等に設置されている浴槽やジャグジーに使用される水はその使用設備、使用方法によりそれぞれ、厚生労働省によって水質基準が定められています。
また、プール水においても同様に厚生労働省の「遊泳用プールの衛生基準」と文部科学省の「学校環境衛生の基準」によって、水質基準が定められています。また、迅速検査法であるLAMP法でのレジオネラ属菌数の受託をしております。

飲料水検査

検査項目イメージ

私たちが普段使用している水道水には水道事業から供給される水道水の他に簡易専用水道、自家用水道、専用水道、地下水など様々な種類があります。水道事業から供給される水道水は『水道法』により厚生労働大臣の登録を受けた検査機関による検査が義務づけられています。
また、その他の水道水においても『建築物における衛生的環境の確保に関する法律』により各都道府県知事の登録を受けた検査機関による検査が必要です。

登録証

□水道法20条 登録番号213号
□計量証明事業登録 登録番号 第553号
□建築物飲料水水質検査業登録証明書 登録番号 埼玉県16水第56-2-35号

おすすめセット
  • 排水5項目
    PH・BOD・COD・SS・大腸菌群数
  • 冷却水基本項目セット
    PH、塩化物イオン、全硬度、カルシウム硬度、硫酸イオン・・・など
  • 岩盤浴拭き取りセット
    一般生菌数・大腸菌群・カビ・酵母数・レジオネラ
  • 浴槽水4項目
    濁度・過マンガン酸カリウム消費量・大腸菌群・レジオネラ
  • プール水6項目
    PH・濁度・過マンガン酸カリウム消費量・一般細菌・遊離残留塩素・大腸菌
  • 飲料水10項目
    一般細菌・大腸菌・味・臭気・色度・・・など
取引先

大手スポーツクラブ、公衆浴場、食品スーパー、鉄道会社、医療機関、行政、
ビル管理・ビルメンテ会社、飲食店

このページのトップへ
検体の採取

専用の容器で材料を採取していただきます。(当社職員による採水は別途費用が発生致します。)

検体の搬送

郵送(クール便)にて受付けております。郵送時の温度には十分注意をしてください。(当社職員による採水は別途費用が発生致します。)

受付

検査依頼内容と検体を確認後検査を開始します。

測定

公定法により測定を行います。

検査結果報告

検査結果を報告書として発行致します。

【連絡先・お問い合わせ窓口】

株式会社 保健科学 東日本 環境検査課
〒365-8585 埼玉県鴻巣市天神3-673
TEL 048-543-4000 (受付時間:月〜土9:00〜17:30)
※日曜日、祝祭日、年末年始はお休みをさせて頂きます。
メールフォームメールはこちらから

健診関係・環境検査

健診関係

環境検査