1. ホーム
  2. 最新医療コラム

最新医療コラム

最新医療コラム

演題発表実績(国内学会、研究会等)

2006年度

学会・研究会名:第79回 日本細菌学会総会(金沢)

題名:川崎病におけるStreprococcus mitis 由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に対する抗体の検討

発表者:大国壽士、留目優子、長宗秀明、高橋秀実


学会・研究会名:第79回 日本細菌学会総会(金沢)

題名:インターメデイリシン及びそのホモログの受容体認識部位の解析

発表者:篠原由樹、福島江、友安俊文、大国壽士、大倉一人、長宗秀明


学会・研究会名:第80回 日本感染症学会総会(東京)

題名:Neisseria gonorrhoeae 迅速同定キットGono Gen IIの有用性の検討

発表者:鶴岡直樹、鵜沢豊、笠原良彦、菊池賢、戸塚恭一、大塚広樹、留目優子、大国壽士


学会・研究会名:第55回 日本医学検査学会(松江)

題名:Nested PCR法による結核菌DNAの高感度検出. 髄液検体への応用

発表者:山田透、大塚広樹、小沢寿子、大国壽士、畠山浩、高橋輝行、中山智祥


学会・研究会名:日本衛生検査所協会 平成17年度学術研究発表会 全国大会(東京)

題名:髄液からの結核菌高感度検出法

発表者:山田透、大塚広樹、大国壽士、高橋輝行、中山智祥


学会・研究会名:第55回 日本医学検査学会(松江)

題名:抗グロブリン試験判定後のIgG感作赤血球の反応に凝集阻害が認められた1症例

発表者:吉川安津子、大塚広樹、小沢寿子、大国壽士、畠山浩、田中茂子、荒井親雄


学会・研究会名:第15回ランスフィールドレンサ球菌研究会、第39回レンサ球菌感染症合同研究会(麻布大、淵野辺)

題名:川崎病患児におけるStreptococcus mitis由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に対する抗体の検討

発表者:大国壽士、留目優子、長宗秀明、高橋秀実、阿部淳、野村裕一、大塚広樹


学会・研究会名:第15回ランスフィールドレンサ球菌研究会、第39回レンサ球菌感染症合同研究会(麻布大、淵野辺)

題名:連鎖球菌属に分布するCD59指向性コレステロール依存性細胞溶解毒素

発表者:長宗秀明、福島江、田畑厚之、友安俊文、大倉一人、大国壽士


学会・研究会名:第26回 日本川崎病研究会(大阪)

題名:Streptococcus mitis由来ヒト血小板凝集因子の抗原性に関する検討

発表者:大国壽士、留目優子、安田正、深沢隆治、小川俊一、阿部淳


学会・研究会名:日本衛生検査所協会 平成18年度学術研究発表会関東甲信越支部大会(東京)

題名:リアルタイムRT-PCR法を用いた環境水中のLegionella属菌の迅速検出に関する検討

発表者:東郷弘和、大塚広樹、山田透、原康一、小沢寿子、大国壽士、畠山浩