1. ホーム
  2. 最新医療コラム

最新医療コラム

最新医療コラム

演題発表実績(国内学会、研究会等)

2008年度

雑誌名:感染症学雑誌 82:317-321(2008)

題名:淋菌外膜蛋白Iに対するモノクローナル抗体を用いた淋菌迅速同定法(GonoGen II)の有用性に関する検討

著者:鶴岡直樹1)、鵜澤豊1)、菊池賢2)、大塚広樹3)、留目優子3)、大国寿士3)

1) 東京女子医科大学中央検査部統合検査室

2) 順天堂大学医学部感染制御科学

3) メデカジャパン・ラボラトリー総合研究所


学会・研究会名:第28回 川崎病研究会(札幌)

題名:treptococcus mitis 由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に関する研究

発表者:大国寿士1) 留目優子2) 高橋秀実2) 長宗秀明3)

1) メデカジャパン・ラボラトリー総合研究所

2) 日本医科大学 微生物学・免疫学講座

3) 徳島大学工学部 生物工学科 生物機能工学講座


学会・研究会名:第17回 日本形成外科学会基礎学術集会(東京)

題名:野口英世とロックフェラー医学研究所−その研究マインド−

発表者:大国寿士


学会・研究会名:XVII Lancefield International Symposium on Streptococci and

題名:A Partial Characterization of Recombinant Streptococcus mitis-derived of Human Platelet Aggregation Factor (Sm-hPAF) Produced by the Cloning of the Sm-hPAF Gene

発表者:Hisashi Ohkuni1), Hideaki Nagamune2), Yuko Todome3), Hiroki Ohtsuka1), Hidemi Takahashi3), Vincent A. Fischetti4) and John B. Zabriskie5)

1)Medca Japan Laboratory, Kounosu, Saitama, Japan, 2)Department of Biological Science & Technology, University of Tokushima, Japan, 3)Department of Microbiology and Immunology, Nippon Medical School, Tokyo, Japan and 4)Laboratory of Bacterial Pathogenesis and Immunology and 5)Laboratory of Clinical Microbiology and Immunology, Rockefeller University, New York, N.Y.


学会・研究会名:XVII Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases.(Greece)

題名:Streptococcus mitis-derived Human Platelet Aggregation Factor is a Novel Type of Cholesterol-dependent Cytolysin that Recognized Dual Receptors, Cholesterol and Human CD59

発表者:Soichiro Miyoshi1), Kou Fukushima1), Toshifumi Tomoyasu1), Hisashi Ohkuni2) and Hideaki Nagamune1)

1)Department of Biological Science & Technology, University of Tokushima, Japan,

2)Medca Japan Laboratory, Kounosu, Saitama, Japan,XVII Lancefield International Symposium on Streptococci and Streptococcal Diseases.(Greece)


学会・研究会名:第56回 日本輸血・細胞治療学会(福岡)

題名:交差適合試験及び不規則性抗体検査にて検出されたpH依存性抗M抗体の反応性について

発表者:中野篤


学会・研究会名:第82回 日本感染症学会総会(松江)

題名:Streptococcus mitis 由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)とCytolytic pore-forming bacterial toxinsに関する研究

発表者:大国寿士1) 留目優子2) 大塚広樹1) 高橋秀実2)

1)メデカジャパン・ラボラトリー総合研究所

2)日本医科大学 微生物学・免疫学講座


学会・研究会名:第81回 日本細菌学会総会(京都)

題名:Streptococcus mitis 由来ヒト血小板凝集因子(Sm-hPAF)に関する研究

発表者:大国寿士1) 留目優子2) 高橋秀実2) 長宗秀明3)

1)メデカジャパン・ラボラトリー総合研究所

2)日本医科大学 微生物学・免疫学講座

3) 徳島大学工学部 生物工学科 生物機能工学講座