1. ホーム
  2. 環境への取り組み

環境への取り組み

環境への取り組み

基本理念

私たちを取り巻く環境は、すべての生命を育む母体であり、共有財産です。
私たちはこのことを強く認識し、健全で恵み豊かな環境を将来の世代に引き継いでいかねばなりません。
また、環境の保全と創造に向けての活動は、「医療」および「福祉」の発展につながることをあわせて認識し、確かな技術と熱きハートをもって、地域および地球環境に配慮した企業活動を行い、循環型社会の構築に取り組んでいきます。

基本指針

1企業活動に伴う環境への影響を適切に評価し、省資源・省エネルギーに勤めることで、
環境への負荷を低減していきます。

2廃棄物の管理を徹底することで、汚染の予防、
廃棄物の減量化・再資源化に努めます。

3法令、規則、協定、その他の合意事項を遵守するだけでなく、必要に応じて自主的なルール作りをして、
環境の保全を図ります。

4技術的・経済的に実現可能であり、かつ効果的である環境目的・環境目標を設け、
定期的または必要に応じて見直すことにより、継続的な改善を図ります。

5環境教育を推進し、従業員の環境に対する意識を高めることで、
全員が一丸となって環境問題に取り組みます。

6この方針は、全員の参画を促して周知徹底をはかり、
一般にも公開します。

ここに、「環境保全」に向けて積極的に取り組むことを、宣言致します。

株式会社 保健科学 東日本
取締役社長 若林 博美