医療機関の方へ

検査項目

生化学検査

生化学検査室は蛋白・窒素成分検査、酵素検査、脂質検査、糖関連検査、電解質検査などの一般検査を主に検査しています。
私達は病院様から預かった血液を、最新の自動分析機にて測定し、翌日には先生のお手元に届くシステムを構築しており、至急検査においては血液が到着して、1時間以内に検査結果を報告することができます。
糖関連検査においては、採血管1本で血糖、ヘモグロビンA1cを測定することができ、患者様の負担を軽減できるように取り組んでいます。

生化学検査
生化学検査
このページのトップへ

血液学検査

血液学検査室は血球数算定と凝固系検査を主として行っています。
血球数算定においては、SYSMEX社製 XE-2100をメイン測定機とし、重度の貧血、異常細胞の出現を翌日にお知らせする体制を取っています。
凝固系検査においては凝固一般項目と同時に、アンチトロンビンV、FDP定量、Dダイマー定量を測定することで、DICなどの緊急状態をいち早くスクリーニングできます。
これらの検査は全ての検体がバーコード対応になっていて、搬送ラインによって運ばれ、検体の測定、再検査、スライドの作成、染色までを自動で行なっています。専用システムにより管理され、患者様の前回値情報、関連項目を基に精度の高い検査データを提供しています。

血液学検査
血液学検査
このページのトップへ

一般検査

一般検査は、主に尿中の成分や濃度を測定しています。尿は血液と違い痛みを伴わずに採取することのできる数少ない検体としてとても貴重であり、集団検診などでおなじみの通り体の基本情報を得るにもとても有用です。また、尿の検査は腎臓などの尿路系だけでなく、膵臓や肝臓などさまざまな部位の異常を見つけることのできる大切な検査です。
当社では健診などで出件数の多い尿定性の自動分析装置を3台備え、迅速に検査を行えるように努めています。さらに測定されたデータに対しても前回値チェックや疑陽性チェック、尿定性、尿沈渣、尿定量の相互チェックなどさまざまなチェックを実施しています。
一般検査では尿以外にも、いろいろな検査を行っています。
寄生虫学的検査では寄生虫の虫体・虫卵鑑別を受託しています。 関節液の検査では偏光顕微鏡を使用して結晶の鑑別を行うことにより、痛風の指標をすばやく見つけることができます。
他にも髄液検査、腹水・胸水検査、精液検査など、人体より採取できるほとんどの体液・排泄物の検査を実施しています。

一般検査
一般検査
このページのトップへ

細菌検査

感染症の起因菌の検出を目的として尿、糞便、血液などを検査材料として塗抹鏡検検査、培養同定検査、薬剤感受性検査を行います。(検査の自動化を目指して培養同定、薬剤感受性検査では自動機器を導入しています。)
病原大腸菌O−157などは選択培地を用いて検出率のアップと検出までの時間の短縮を図っています。
また、免疫学的方法による抗原検査にて迅速な結果を提供しています。

細菌検査
細菌検査
このページのトップへ

免疫検査

免疫検査室は主に感染症(ウイルス肝炎、HIV、HTLV−1、梅毒)、アレルギー検査、腫瘍マーカー、内分泌系検査(ホルモン)、自己抗体検査を行っています。
現在CLIA法での A、B、C型肝炎ウイルスや腫瘍マーカー、ホルモン検査の翌日報告を行っています。
アレルギー検査では花粉症、アトピー性皮膚炎、喘息の原因で知られているアレルギーだけでなく、その他にも症状が重篤であり生命に関わる原因物質もある為、事前に調べる必要性があります。
全ての検査は専用システムを用いて患者様の前回値、関連項目を管理し信頼できるデータを提供しています。

免疫検査
免疫検査
このページのトップへ

病理組織検査

日々疾病と戦う医師を高度な情報でサポートするため、各界の病理専門医とベテランの臨床検査技師が検査業務にあたり、 衛生検査所指導要領に準拠した施設設備と完成されたSOPに基づく厳密な精度管理のもと、高品質・高信頼性を有する病理診断書をご提供します。

また、手術材料などの大型の組織につきましては、デジタルカメラなど使用して、よりわかりやすいご報告が出来るよう、努力しております。

HE標本 PAS標本

左 HE染色 右 PAS染色
胃 生検材料 signetring-cell carcinoma

このページのトップへ

細胞診検査

ベテランの細胞検査士が日々最高の精度で各ユーザーの信頼にお応えしております。細胞診標本を、細胞検査士が確認し悪性腫瘍の疑いがあるものに関しては、細胞診専門医が最終的な診断名を決定しています。
また細胞診検査においてもデジタル顕微鏡を使用し、疑陽性以上の検査結果に関しては報告書とは別に写真つきの別紙を添付してご報告します。

細胞診検査

左:腹水 Adenocarcinoma 右:婦人科 Squamous cell carcinoma

【連絡先・お問い合わせ窓口】

株式会社 保健科学 東日本
〒365-8585 埼玉県鴻巣市天神3-673
TEL 048-543-4000 (受付時間:月〜土9:00〜17:30)
※日曜日、祝祭日、年末年始はお休みをさせて頂きます。
メールはこちらから