1. ホーム
  2. 品質保証体制

品質保証体制

精度管理の実際

検体の採取から検査結果の報告までの全ての工程をより正確により精密に行うため、各工程の標準作業書に手順を定め、業務の画一化を図っております。また、人為的な過ちが起こりやすい作業については、作業日誌を作成し担当者名や作業内容を記録しております。

各工程
このページのトップへ

内部精度管理(検査室内精度管理)

測定値の正確性と精密性の向上を目的として内部精度管理を実施しております。管理試料を用いた統計学的精度管理により、日内変動や日差変動などが検出可能です。また、検査過誤を未然に防ぐため、患者様の測定値の今回値と前回値の比較や項目間チェックなども行っております。
特に生化学検査分野では精度管理システムの導入により、異常をタイムリーに検出し、迅速に対応することが可能になりました。

管理試料を用いる方法

  • X−Rs−R管理
  • リアルタイム精度管理

患者データを用いる方法

  • 前回値比較法
  • 多変量デルタチェック
  • 日内平均法
  • 累積データ分析法

内部ブラインド調査

このページのトップへ

外部精度管理(検査室間精度管理)

外部精度管理調査は多施設で同一試料を測定し、各施設のデータを集計・解析することで、客観的に精度管理状況を評価することができます。
当社では種々の外部精度管理調査に参加し、良好な成績を修めております。また、外部精度管理調査に参加出来ない検査項目につきましては、他施設とのクロスチェックを半年に1度実施し、正確性及び信頼性を確認しております。

コントロールサーベイ

  • 日本医師会 臨床検査精度管理調査
  • 埼玉県医師会 臨床検査精度管理調査
  • 日本臨床衛生検査技師会 臨床検査精度管理調査
  • 日本衛生検査所協会 臨床検査精度管理調査
  • 日本総合検診医学会 臨床検査精度管理調査
  • 全国労働衛生団体連合会 臨床検査精度管理調査
  • CAP surveys 等

クロスチェック

各種認定の取得

精度管理システム全体が効果的に維持されているかを実証するため、第3者機関による監査が行われています。当社では、ISO15189認定、アメリカ病理医会(CAP)認定や医療関連サービスマーク、プライバシーマークなどの認定資格を取得しております。

ISO15189認定

ISO15189
 ISO15189
 取得年月日 2008/10/6
 直近の更新認定日 2016/9

医療関連サービスマーク

医療関連サービスマーク 医療関連サービスマーク
 医療関連サービスマーク
 取得年月日 1991/12/1
 直近の更新認定日 2015/10/1

CAP(アメリカ病理医会)認定

CAP(アメリカ臨床病理医会)認定
 CAP
 取得年月日(取得認定日) 2003/1/16
 直近の更新認定日 2017/1

プライバシーマーク
プライバシーマーク